ダイビング、はじめの一歩とは?

ダイビングはマリンスポーツとスポーツの部類には入るのですが、運動神経はそれほど必要がない為、LAZY SPORT(レイジースポーツ)「怠けもののスポーツ」とあるイギリス人ダイバーが行っていました。

確かに、瞬時に動くというイメージもなければバランスが大事だという感覚もないですよね?

しかし何も学ばない状態でしたらダイビングをする事は出来ないのです。
せめて約1時間程の講習は受ける事になります。

それは、ダイビングというのは海の中でふわふわと気持ちよく浮遊しているだけのように思うかもしれませんが、装置を背負って、マウスを含み、耳で空気を抜くという練習、用語などを覚えるという必要はあるのです。

その為にすぐに始める事は出来ません。

特に初心者の人で苦手とするのは、耳抜きになるでしょう。
これはコツを得る事が出来れば早いのですが、なかなかスムーズにいかない人もいます。

しかし1時間が経っても出来なければこれはダイビングする上で非常に大切な動作になるので、時間をかけても出来るまで待つ事になります。

コツを一度掴めば出来るようになるので、焦らなくても大丈夫です。
インストラクターは優しく待ってくれるでしょう。

レイジースポーツと呼ばれるダイビングでも、始めの段階で覚える事が多いという事になります。
しかしそれをクリアしていけばどんどん進んでレベルを上げる事も出来るので、ハマっていく人もとても多いマリンスポーツなのです。

こちらの記事も読まれてみます